よろず無駄無し屋

妖しい空気と魅力が漂うブログ

あるがまま、思うがままに楽しく書こう、文章は。

春の天気の良い午前中ののどかな時間にこうして自室でブログを書けることは幸せである。 何を書こうかというのは悩みではなく楽しみだ。 子供の頃に100円玉を一枚握りしめて駄菓子屋に目移りするほどに並べられたお菓子を吟味していた時のあの気持ちに近…

百戦錬磨の物書きが磨く自分流

苦節三ヶ月とちょいにしてついに百記事に到達した。 一記事一戦として百戦錬磨となったネット上の物書きの飛躍はここから始まるのである。 ものを書くという行為は命のやりとりこそないが、真剣勝負であることにかわりはない。 その真剣勝負を百回もこなして…

最強のニート志願者

ニートの定義を仕事をしていない者とするならば自分は間違いなくニートなんだよね。 まぁ厳密にいうと世に認められた一般的なお金稼ぎの仕事はしていないだけで自分なりの仕事はしているんだけどもね。 でも隣近所の方々は間違いなく自分のことを無職のニー…

認める猛者か、認めない幼稚なる雑魚か。

自分の落ち度を落ち度として認められない人間は幼稚である。 自分が未だ未熟だということを認められない人間は雑魚である。 こうした言葉を冒頭にもってくるのにはそれなりの訳がある。 世間じゃ成り立つの意味を知らずに成り立ってもいないのにそのつもりな…

布団の中で知的好奇心を満たす悦び

散歩か事務所に向かう時と、誰かからお呼び出し電話があった時以外は基本的に家から出ない。 LINEやFacebookも一切やらないし電話をかけるなんてことは月に数回程度。 とにかく布団の中でくつろぐのが好きで、あの平日の昼間に布団の中でゆっくりとする読書…

話を盛るにはスキルが必要であり難しく面白い

どうでもいいようなことを、如何にもどうでもよくない重要なことのように大袈裟に盛って書いていくのは少年時代にスーパーマリオに熱中した時レベルで面白い。 その文章に意味があるとかないとか考えることに全く意味はない。 ただ単に表現で遊んでいるだけ…

奇人変人と呼ばれて

昨日今日に始まったような青く成熟してない酸っぱいレモンの如くな我が儘とは訳のちがう、時を重ね熟成されたまるで晩秋から初冬にかけて軒下に吊るされた干し柿の外はモサモサ中はトロトロのあの感じに似た我が儘を嗜む無駄無し屋。 そういうモサトロな我が…

山賊いろり

雰囲気の良い飯屋にドライブがてら行ってきた。今日は疲れたので写真だけで。

面白い話

タイトルに面白い話なんてつけてしまうと些か荷が重いようにも感じるわけだが、そこはとっておきの話をここに書き記すことで面目の躍如としたい。 さて、貧乏暇ありな自分の日頃の暮らしといえば、散歩、読書、ブログといった別段特筆すべきこともない平々凡…

諸行無常

さぁてと、時間が来たので今日も駄文を紡いで一人悦に入るとするか。 なにを書こうかなにから書こうか、どっちにしたって大したもんなんて書けるはずもないんだから適当に行こう。 キーボードを打楽器さながらにリズミカルに叩くのが快感なんだけど、この叩…