よろず無駄無し屋

出たとこ勝負な文章ゆえの生々しさ

観察という一つの趣味


f:id:mudanashiya:20190328100704j:image

 

化ける、という言葉にはどこか魅力的な響きがある。

 

女は化粧で美しく化けるし、何かもよく分からないで安く買った骨董品がオークションでとんでもない値に化けることがあるし、それまでパッとしなかった人間が何かのきっかけで後光が差すほどに輝きだし、井の中の蛙が鳳凰に化けるということだって稀にある。

 

化ける可能性を感じる物や人を化ける前に発掘し手元に置いて、と言うたらば人間に対しては些か失礼にあたるのかもしれないが、とにかく原石の状態から光輝く宝石となるまでの過程を観察するのが一つの趣味なのである。

 

逆に言うと、化ける可能性を感じない人や物には興味が湧かない、というのはあまり声を大にして言えることではないけども、建前を抜きにした本音としてはそうである。

こんなことを書くとなんだかひどい奴だなと思われるのかもしれないが、自分の本心は事実そうなので、そういう評価も甘んじて受けようとは思っている。

 

これはもしかしたら化けるかもしれないぞ

 

という直感を刺激するような物や人を所有し交際して眺め、観察するのはなんだかワクワクする。

例えるならば宝くじを買ってそれを眺めながら当選後の妄想にニヤニヤするそれと同じような感覚。こういうのが端から見て良い趣味なのか悪い趣味なのかは知らんしどうでもいいことだけども、とりあえず他人に迷惑をかけていなければなんでもアリなスタンスをとる自分の中ではなかなか面白い趣味だと捉えている。

 

まずそういう原石を探す楽しさ。

それからそれを発見した時の喜び。

眺めている内につい心の中に芽生える猜疑心と期待感のカクテルのあのなんともいえない味。

 

そういうもの等のトータルが、自分の日常を色彩鮮やかなお花畑へと誘うのである。

 

化けるというのはなにも物や他人に対してのみのことではなくて、自分自身も化けられるものならば化けてみたいという願望はもちろん持っている。

周囲の人間が自分のことをどのような目で見ているのかは分からんが、どのように見られていたとしても、それを全く覆すような想定外の大化けでもしてみた時の反応は一見の価値がありそうだ。

 

他人を喜ばせるとか驚かせるとか好きだね。昔から。

まあ性格は悪い方なんで、他人を挑発し怒らせるのも嫌いじゃないけども。これも昔から。

 

人生なんてね、結局本当に夢幻の如くなんだから色んな物を持ったって、色んな人からいい人だなんて言われたところで結局最後にはそんなのは虚しいことだったと思いながら火葬によって灰となるものだと思ってる類いの人間だからね、だからせめて自分の気持ちに正直に生きたことだけを冥土の土産として、三途の川を飄々と、なんなら浮き輪でプカプカしながらでも渡りたいもんだと思ってるよ。

 

地獄の閻魔の揚げ足取りもまた楽しそうだと今からワクワクすらしてる前向きな人間だ。

どうか神様こんな僕ですが揚げ足を取られたくなければ良い流れを運んで

                                     来、い、よ(笑)


f:id:mudanashiya:20190328115823j:image