よろず無駄無し屋

出たとこ勝負な文章ゆえの生々しさ

読むとイラつく人がいるかもしれないね

 

 

他人の幸不幸には無頓着である。

別に人格者になりたいとは思っていない。

ただ、実力者ではありたいとは思っている。

 

そういった意味でも、このblogの世界でしぶとく生き残ってやろうという気持ちはつよい。

 

生き残ったものが勝者であるという考え方。

 

他人のblogも読む。

自分よりも後からこの世界に入ってきて、あっという間に自分を越える読者やPVを獲得していくBloggerは多いけれど、そういう人達は消えてゆくのも自分より先であることが多い。

 

なんだろうね、嵐のような人達だねって思うよ。

色々とうまくはあるんだろうね。

そこんところは認めざるを得ないわけだがね、でもやっぱり根性ねえなぁコイツら、とは思うわな。

でも根性だけのただのイケイケも良くないよ?

 

パッと人を集めるのはうまいのに、せっかく200や300の読者をあっという間に獲得しているのに、段々と尻窄みになっていくのはどういうことなんだろうね。

 

自分の見解では、単純に、中身がなかったということになるんだよね。

中身がないのに大勢の人に見られる環境だけ整えてしまった感。

段々と自分の首が絞められていくような感じがあるんじゃないかな、とか思うんだよね。

 

まぁ勘違いかもしれないよ?

でもいいじゃん、ここは自分のblogだからさ。

自由な解釈してくよ勝手に。

 

 

中にはblog開設当初からの姿勢と勢いを保っているスゴいな、と思わされる書き手もいる。

 

まぁ一割くらいかな、自分の知る限りという狭い範囲内ではね。

 

こういう人達はきっちりと金も稼げるようになるのも時間の問題なんだろうな、と、想像するのが難しくない。

引き続き購読してゆき、その結果をこの目で確認したいと思う。

 

さて、他人のことはともかく、自分はどうなんだろう。

うん、はっきり言って生き残るだろうな。

なにせしぶといからね。

 

blogは、というか、何かを成し遂げるにはこのしぶとさがものをいうことを知っているからね、我々クラスになってくると(笑)

技術、戦略なんてものはいらない、とまでは言わないが、しぶとさと比べると、その価値は高くはないというふうに考えている。

 

しぶとさとは辛抱であり、忍耐であり、根性であると言えるよ。

根性論を馬鹿にする輩がいるけどね、根性無しに一体何ができて何が書けるっていうんだよ、このアホが、てな位に思っているんだよ。

 

技術や戦略は、根性という幹があってこそ活きる枝みたいなもんだ。

しかも技術は長くやってる内に自然と身についてくるしな。

まずは根性でしぶとく続けてその中から生まれてくる技術を持って、戦略を練るというスタイルで自分はいくつもり。

 

とにもかくにも、たとえ地面スレスレの低空飛行であろうとも、墜落しないこと。

 

これが絶対!墜落しちまったらそこで終わり…じゃない人も中にはいるが、そんなのは例外。

 

目下低空飛行中のこの無駄無し屋ではあるがね、狙ってるよ、虎視眈々と。

上昇気流とコミットする機会をね。

そのタイミングがやってくるまでは低空飛行で堪え忍ぶ、しぶとく。

 

何がどう転ぶか分からないのがこの世の中。

実行してさえいれば、可能性はゼロにはならない。

犬も歩けば棒に当たるし、下手な鉄砲も数打ちゃ当たる式なね。

 

こういう心境の領域において作戦なんてものはもはやこざかしい。

一心不乱、それでよし。

 

やることやりながら時を待つ、これ成功の法則な。

こういう主張が是か否かは時を待つしかないけどね。

 

はぁ~、どうしてこんなに嫌われるかもしれない主張って気持ちがいいんだろうなぁ。

誰か良い記事だねって誉めてくれねぇかなぁ。

 

まぁ40過ぎのおっさんのおねだりなんてなんの効力もないんだろうけどなっ!