よろず無駄無し屋

出たとこ勝負な文章ゆえの生々しさ

本日をもって一日一本の記事投稿はおしまい

 

六月も今日で終わり。

と、いうことはつまり一年の半分が終わったということ。

そして個人的にはこのblogが半年間続いたということ。

まぁ余裕(笑)

 

今年の一月途中から書き始めて約半年間、ほぼ毎日書いてきた。

記事数はいつの間にか170を越えていた。

とりあえず数をこなそうという目論みは達成されたと言っていいだろう。

 

さて、この半年という節目を境に次のステップへと進もうと思う。

その次のステップとは何か

 

それはもちろんである。

 

一日一本の記事を書くと決めて事実そうしてきた。

それはそれで大変勉強になったし面白かった。

ノリで乗り切るというパターンの継続はスリリングであった。

 

しかしそれは過程の楽しみであって本当の自分の目指すところではない。

いつまでも同じところにいることをヨシとはしない。

前へ上へと進み上っていきたい。

ゆけるところまで。

 

と、いうことで、せっかく築き上げた毎日更新という習慣を惜しげもなく捨てて、今度は日にちをかけてよく練った文章というものに挑戦していこうと思う。

 

それが吉と出るか凶と出るかは現時点ではわからないけれど、一つの道にこだわるつもりは更々ないので違うやり方にも挑戦してみようじゃないかと思うわけなのである。

 

元々数で勝負しようとは思っていなく、ただの一本でも素晴らしい作品ができれば、という思いのほうがつよく、それでもまずは経験値を増やすことが先決だと判断してこうしてここまで記事を増やして経験を積んできた。

 

ここまで来ると、そろそろ質にこだわっていくことも許されるタイミングだと今朝ふと思ったもので、思い立ったが吉日とばかりにこうして発表している次第である。

 

長いようであっという間だったこの半年。

千里の道も一歩からという言葉を肝に銘じてコツコツ焦らずにやってきた。

達成感はある。

 

しかし自分が求めている達成感とはちょっと違う。

量による達成感と質による達成感は別物だ。と自分は思っている。

それはどちらが上かということではない。

しいていうならば好みの問題であろう。

 

どちらも得られればそれが一番だけれども、自分のキャパを冷静に分析してみたところ、それは今のところ現実的な目標とはならないと結論づけた。

 

そうすると、量をとるか質をとるかの選択を迫られることになる。

自分は断然質に魅力を感じる類いの人間だ。

量は必要最小限で構わないというスタンス。

 

同じblogでも質にこだわるとなると、これまでとは全く違う書き方になってくることが予想される。

 

閃きとノリだけで書いてきたこれまでと違い、閃きを一度寝かせてよく練るという方法。

 

こういう変化は物書きのはしくれとなるべく脱皮のようなものだと感じている。

よく練った記事を書くという新たな土俵へ上がると決めたからには、よく練らなければならない。

 

よく練るにはどうしても時間が必要だ。

一本の記事を書くのにどれだけの時間がかかるのかはその都度違ってくるだろう。

三日で出来上がることもあれば一ヶ月かかることもあるかと思う。

 

しかしこれからは時間の縛りはないのだから、思う存分納得のいくまで練り上げることが可能となる。

 

練れば練るほどに味が出てくる文章を書けるかどうか。

挑戦者の心境で臨んでいこうと思っている。

 

挑戦というのはどうしてこんなにも心を踊らせるものなのだろうか…

 

ドンピシャタイミングリズムよく階段をかけ上がるぜ!

不定期投稿万歳!

ある意味苦行からの解放とも言える。

 

 

まぁまたそのうち!